読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Style

日々の暮らしをシンプル・スマートに。

MUJI カーペットクリーナーの自己流置き方

グッズ

片付けや掃除をすると、ズボラな自分が真人間に近づいて来たような気がします。

例えば前は見て見ぬフリをしていた髪の毛や埃。今では「いつするの、誰もしないよ、自分が今しなかったら」の心の声が聞こえて来ます。そう、気づいたらやっておく方が結果楽で気分がいいのです。

手で摘める程度のものは直接拾ってゴミ入れにポン。まあまあの量だとしっかり掃除機を掛ける方が確かに効率はいいです。でも、時間がすぐ取れないけど気になる!という時は、MUJIのカーペットクリーナーが便利です。これも数年前に張り切ってリフィルも買っていたのに眠らせていた品です。カーペットがないのに買った私もどうかと思いますが(^_^;)。

そもそもテープがカーペット用なので、粘着力がしっかりあります。フローリングには向いていないと思われますが、自己責任で使ってます。粘着力が強い頃は力を入れずに、ゴミをピンポイントでテープにくっつけるように。ある程度テープの粘着力が弱まったら本来のコロコロアクション。床に座っていることが多いので(ソファーがない家なので)、それらを見つけると埃キャッチャーと化しています。フローリングワイパーも併用すると、掃除機もマメかけいらずになってきました。

で、カーペットクリーナーの置き方ですが、普通は↓ですよね。

f:id:kumitch935:20150408103516j:plain

私は、↓こうなんです。

f:id:kumitch935:20150408111354j:plain

ある日、なんとなくこうした方が自分に合ってる?と思って試したら、いい感じだったのでこうしています。部屋の隅に置くこともあれば移動と共にクリーナーもステーションごと連れて行きます。

f:id:kumitch935:20150408110828j:plain

横置きでも縦置きでもどちらでもいいんでしょうが、縦置きオススメです。f:id:kumitch935:20150408104712j:plain

 

こんな風に自由な発想で使える…そこがMUJIのステキなところかと思います^_^