My Style

日々の暮らしをシンプル・スマートに。

夏に向けて、Are You Ready?

今から10年以上前の話。

美容健康関連を取り扱う部署に所属していた時、プロモーションの一環としてタイトルにある名目でビューティーフェアを行ってました。

夏本番に向けて慌てないようにビフォーケアをしようね、という訳です。

コスメはもちろん、フェイス&ボディトリートメント、ハンド&フット(角質)ケア、ヘッドスパ、リフレクソロジー、漢方によるインナーケアなどなどビューティ&ヘルスに関わるメニューを盛り沢山提案するのです。自分も結構やってました。そういうのが楽しい時期でもあったのです。

でもその後部署が変わり、忙しくなり過ぎて、ビューティーだなんだ言ってられない状況になりました。

ひどい時はメイクを落とさず地べたで寝る日々。こんな日々が続くと肌はボロボロ、ニキビブツブツ、白髪が急に増える…そんな自分が嫌でしたが、だんだんそう思うことも面倒になって「もう私の人生にビューティー&ヘルスは要らない!」と思うまでになりました。30代の後半です。

ところがまた40歳直前で、人事異動により元の職場に戻りました。

アラサーとアラフォーのニーズは微妙に違います。自分自身も若さの勢いのあるアラサーから何かのピークを過ぎたアラフォーに変わり、同年代や自分より年上の女性に向けたモノ・コトを考えるようになりました。

その時思ったのが、年相応の美しさは単に表層的なものではなく、滲み出るものということなんです。

そして人から目線よりも、自分を好きになる・自分が心地良いと思えるケアを提案するように意識していました。

でも、まだ過剰なことを推奨していたなと思います。将来に備えてあれもして、これもして、と追い立てていたのかもしれません。

今自分がこの部署を担当していたら、間違いなくシンプル・ミニマムなケアを推進していたことでしょう。

 

と、ここまで書いて何が言いたいねん!なんですが…[・_・]

 

昨日は職場の人たちと飲みに行ったんですよ。そこで何故か若い頃の写真を見せ合うことになり、そのビフォーアフターで盛り上がっていたんです。

私もたまたま若かりし頃の写真を保存していたので見せたところ、部下の男子が

「昔の写真かわいいですね!」(ここは社交辞令です)

「い、いや、今もアレですけどぉ」(ん?気遣わせてる??)

「今の方が血色がいいというか、ふっくらされてますよね」(Σ(゚д゚lll)!)

「いやいや、そういう意味でなくて、4月に来られた頃はちょっとげっそりされていたから…」(あはは・・・^_^;)

 

ちょっとは気にした方がいいのかもしれません。

…復帰後約2ヶ月で2kg太ったよ(´Д` )バレたか。

 

オフィシャルの場では「見た目9割説」、生きとるなー(´Д` )

 

ということで、そろそろボディケアしまーす(`_´)ゞ

f:id:kumitch935:20150529091009j:plain

二の腕トレーニングするぞー!(おー!)

 

f:id:kumitch935:20150529093933j:plain

レッグマジックで下半身引き締めるぞー!(おー!)

 

さあ、用意は出来て(`_´)?

えっと、今日の夜からやります(=゚ω゚)ノ!

皆さんも用意はできてますかー?一緒にやりません?

広告を非表示にする