読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Style

日々の暮らしをシンプル・スマートに。

モノログ。mono-log vol.3 C :Coat(INVERTERE)

モノログ。

 C:Coat

コートは服の中でも好きなアイテムの一つ。

昔はマックスマーラのキャメルのラップタイプコート(ウエストを紐でキュッと結ぶ、キャリアウーマンぽいアレです)に憧れたのですが、小柄な自分には難易度が高すぎ断念。

それでも別ブランドのラップコートでチャレンジしましたが、当時の自分では背伸びし過ぎたな、と今では赤面の思い出です。

ラップといえば、ウエストをベルトでギュっと絞って着るトレンチもいろいろ試してきました。

初めて買ったのはマイクロショート丈で、その後もミディアム丈、ロング丈、色ではベージュ、紺、黒と様々な掛け合わせで楽しんでいました。

数年前から去年まではバーバリー(三陽商会のライセンス)のベージュと黒のミディアム丈を愛用していました。

今年の春夏物で三陽商会はバーバリーとのライセンス契約が終了したので、これからは三陽商会(日本製)メイドではもう買えないのです。

ということで大事に着ないと!と思っています。

といいつつ、ベージュの方はかなり着倒したので、実は生地に擦れが出てきました。

その代わりというわけではないですが、前から気になっていたHYKEのベージュトレンチを新たにスタメン入りさせます。

こちらはベージュでも濃いめの色味で、自分としては初めて着る色。

できるだけたくさん着て早く馴染ませようと思います。

 

ここから本題。今のお気に入りはダッフルコート。

と、ここまで書いておきながら、ピックアップするのはダッフルコート。

初めてのダッフルは黒のショート丈。

その後メンズライクなたっぷりシルエットのものをいくつか所有していましたが、その大きさがしっくりこなくなりその後手放しました。

でも、毎年気になるデザインなので、大人の女性がこなれた感じでダッフルを着ているスタイリングを見るといいな〜と思っておりました。

コートはトレンチとダウンがあれば事足りるので、ワードローブは完成!と思っていた昨年冬、たまたま立ち寄ったセレクトショップにて出逢いがありました。

f:id:kumitch935:20150906025731j:image 

2つともイギリスの老舗「INVERTERE(インヴァーティア)」のものです。

肉厚なヘリンボーン織りが特徴の生地です。

なんでも、某フランスメゾンのダッフルコートも同じ生地を使っていたとか。

f:id:kumitch935:20150906025749j:image

どちらかといえば男性が好きそうな、歴史的ウンチクが詰まったコートかもしれません。

個人的にアウター(ジャケットなど)はメンズライクな生地やディテールが好きなので、そのスタイルの良さに即決してしまったのでした。

日本人の体型に合わせて、やや細身の小さめサイズで作られている点も自分にとって嬉しいポイントでした(過去に手放した理由がサイズが感でもあったので)。

初めは合わせやすいミディアムグレーの色が気に入ったのですが、ダッフルらしいカラーとしてネイビーもまもなく追加してしまいました…。

このコートを着て、ネック周りにタータンチェックのマフラーやストールをぐるぐる巻きにするのが昨冬のマイブームでした。

ダウンに比べると、機能性(軽さやお手入れのしやすさ等)は劣りますが、風合いがなんとも言えずクラシカルでホッとするのです。

お手入れですが、着用後に洋服ブラシを使ってホコリを取って毛並みを整えておくのがよいと聞いたので、「着用したらブラッシング」を習慣にしていました。

このブラッシングタイムも、なかなか楽しめます。

せっかく縁あって購入したのですから、お手入れをしてできるだけ長く愛用したいものです。

今年もおそらく寒い冬がやってきますが、気持ちをこうやってほっこりさせてくれるなら、その寒さも大歓迎です( ´ ▽ ` )