読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Style

日々の暮らしをシンプル・スマートに。

時にはプロのケアを取り入れて、自分に足りないものを補充する。

ビューティ&ヘルス

手を抜くことは悪くない。けど、ちょっと寂しくなってきた>_<

今日は東京出張でした。
ここ最近、毎週のペースで出て来ております。
来週も再来週もきっとまた来ます…^_^;
 
で、忙しくなるとサボってしまうのが美容ケア。
昔は当たり前のようにネイルサロンやまつ毛エクステ、アイブロウトリートメントなどに通っていました。
プロのケアを受けていたのは実のところ日々の美容時間の短縮のためでもあります。
そう、自分できちんとケア出来ないから人にしてもらうんです。
それに人にケアしてもらうのって、素直に気持ちいいのです!
もちろん人的サービスにはお金がかかりますが、それに変えがたい魅力もあります。
 
でも、そういうことに関心が薄れていき、ケア自体も最小限にセルフで済ますようになって1年半以上が経ちました。
ネイルカラーも捨てて、

スキンケアは今ではニベア青缶で十分。
f:id:kumitch935:20151120010228j:image
マスカラはまだやめられないけれど、エクステやアイブロウトリートメントにはもう行かないでしょう。
ヘアケアもリーズナブルな無添加シャンプーにあんず油ケア。
もうこれでいいんだって思ってました。
でも、最近「何かが足りない?」と感じるように。
ストイックな状況が長く続いたせいか、その反動が出てきたようです。
 

「物足りなくなってきている」と思う自分を肯定する。

ジェルネイルは爪の表面を削るのが主流だった時代からやっていたので、正直爪はダメージを受けていました。
指先がキレイだと気持ちもグンと上がるのって女性特有の感覚なのでしょうが、手元は常に見ているパーツゆえ、汚いとテンションが下がります。
私の今の素爪の様子ですが、ジェルネイルをやめたのにも関わらず、特にきれいにならないし、相変わらず二枚爪になりやすいので深爪気味のショートネイルしかできません。
で、それだったら久々にサロンケアを利用してみようか、と思った訳です。
こういう自分の気持ちの変化を肯定してもいいよね、と。
 

気になるのがこちらのサロン。「Cu by uka」

愛用しているネイルオイルはuka(ウカ)のもの。

f:id:kumitch935:20151120010242j:image

画像はukaHPからお借りしました。

そのサロンがJR大阪駅側にあるルクアイーレ内の蔦屋書店に入っています。
実は前から気になっていたんですよ。

cubyuka.com

画像はHPよりお借りしました。

http://cubyuka.com/umeda/images/002.jpg

http://cubyuka.com/umeda/images/005.jpg

上記HPより引用

“Fast beauty yet healthy”

ファストビューティーだけど、より健康的!
短時間で提供できるメニューからじっくりと時間をかけて行うメニューまで、メンテナンスメニューを中心に幅広く取り揃えております。また、お客様ひとり一人の素材そのものの健康美を追求したukaの考え方を大切に、厳選されたこだわりの商材を使用。できれば時間をかけずにちゃちゃっと綺麗になりたい、知的に華やぎたい。そんな忙しくて、よくばりで、めんどくさがりな女性を応援いたします。

 

厳選したメニュー
Cu by ukaは、メニューをヘアカラー、ネイル、ヘッドスパに厳選しました。カラーやネイルのデザインはもちろんのこと、髪や頭皮、爪や手、肌のケアまでも重視したukaならではのフィロソフィーを継承しています。ファッショナブルで健康的、且つハイクオリティなビューティーをカジュアルな雰囲気でお楽しみいただける新しいスタイルのビューティーサロンです。また、お得なCuおすすめのコースメニューもご用意しております。

おお〜^ ^この紹介文からしてズボラ女性向けでしょう、これ。
メニューもいろいろあって迷いそうです。
 

さて、ukaのHPを見ていたら、同じルクアイーレB1階にこんな店が。

こちらも興味深いです!

冬だけどじっくりフットケアもいいかもしれません。

あー、なんだか無性に行きたくなる!

www.uka.co.jp

手も同時進行というのも時短でいいかも。

画像はHPからお借りしました。

http://www.uka.co.jp/salons/for_foot_care/images/slide/006.jpg

 

プロのケアを受けることで、自分だけでは満たせないものを補充して、またシンプルなライフスタイルに戻る…うまく組み合わせて暮らしていこうと思います。

問題は、いつサロンに行けるのか?!なんですがね。

 

 ☆こんなbeauty記事も書いています。