My Style

日々の暮らしをシンプル・スマートに。

コート好きな私がおすすめしたいコート2強はコレ。

何度も言うけど、「君(コート)が好き」

前に自分のブログでニットが好き!と書きましたが、冬のファッションの真の楽しみはコートにあるとも思っています。

余談ですが、幼い頃、ファッション好きな祖母が私にSANYO(あ、アパレルの三陽商会のことですね)のコートをプレゼントしてくれましたが、着てすぐに私がすっ転んで汚してしまったという話を思い出しました。←コケた本人は憶えてないのですが^_^;

私の祖母は小さいながらも婦人服の店を経営していた程のかなりのおしゃれさんで、子どもでも素材・縫製のいいものを着させよう、という人でした。

こちらは祖母のことを書いた記事です↓

で、コートについて。

コートっていわばファッションアイテムにおける「大物女優」なので、購入&メンテナンスコストも結構かかります。なので真剣に吟味しているはずなのに、いっぱいいっぱい失敗してきました(´Д` )!

背が低いのに超ロング丈を着たり、高い値段のインポートものを買ったのに着こなせなくて手放したり、今だったら絶対手を出さないデザインのものを魔が差して買ってしまったり…。

でも求めずにいられない冬の女王様的存在です。

 

もっと大人に着てもらいたいのはダッフルコート。

世の中には素敵なコートがたくさん存在しますが、私が強くオススメしたいデザインのコートはまず「ダッフルコート」なんです!

ティーン向けのイメージが強いのですが、いわゆる大人女性が着るとイノセントな可憐さがあるのでは…と、数多のコートたちを差し置いて推します(=゚ω゚)!

以前書いた「モノログ。のCOAT(英国・インバーティアのダッフルコート)」の記事でもダッフルコートについて語ってますが、気に入ったものに出合うまでに散々失敗。結果時間もお金もかかりました…ヽ(´o`;

メンテはブラッシングがいいそうですよ^ ^↓

ダッフルといえば色バリエーションも結構あるイメージです。ベーシックカラーはもちろん、赤、白、青、パステル系の色も展開される事例も多いです。

色で遊べるのも、他のコートではなかなかできないことですよね。年を取っておばあちゃんになったときは還暦祝いじゃないけれど赤系の色を着てみたい!

それに、トラッド系のアイテムはデザインが廃れないこともメリットですよね。だからデザインやレングスはプレーンな王道タイプにした方がベターです。

f:id:kumitch935:20151230043850j:image

f:id:kumitch935:20151230043925j:image
f:id:kumitch935:20151230043936j:image

ダッフルコートを検討されている方に僭越ながら注意点をあげると、サイズは大きすぎず小さすぎずの「ちょうどいい」ものを選んでくださいね。

ダッフルはたいてい生地がしっかり厚いものを使っていることが多いので、下にたくさん着込む必要がないと思います(ジャケットの上に着るという方は別として)。それよりも、マフラーやストールなどの巻き物で防寒する方がコーディネート的にも◯だと確信しています。

今シーズンは結構コクーンシルエットとか大き目をふわっと着るようなスタイリングが多く見られますが、この手のものは全体のバランスを取るのが難しいですからね。その点、ベーシックなデザインのダッフルコートなら適度にふんわりシルエットですよ。

あ、逆に小さすぎるサイズは「無理してるヽ(´o`;」と逆に痛々しく見られがちなので、出来れば避けた方が無難でしょう(=゚ω゚)

 

ハンサムコートの代名詞=トレンチコート※私基準

コート界における万能ハンサムさんを挙げるなら、私は「トレンチコート」を推します(という方、多いですよね)!このコート、かなり何でも受け入れてくれます。

スーツなどのちゃんとしたスタイルは言わずもがなですが、そこそこドレスアップでもカジュアルダウンでも対応できる融通性はすごい!

ライナーが付いているものが多いと思いますので、今年のような暖冬です下手すりゃひと冬これだけで過ごせそうです。

私事ですが、今年はHYKEで早々と入手し、寒くなってからはガンガン着ています。実は着てみて初めてわかった着にくさ(ボタンの合わせが男性仕様とか、ポケットがベルト位置付近にあってベルトを結んだ状態だと結構手を入れにくいとか)があります。なので、そこらを逆手にとってベルトはポケットに無造作に入れて、ボタンを止めずにラフに着ています。

f:id:kumitch935:20151230041533j:image

f:id:kumitch935:20151230090721j:image

インにパーカーを着ても違和感がないし、足元がスニーカーでも合うのはとても助かります。

トレンチコートで検索すると、おしゃれなスタイリングのサイトや記事がたくさんあるので飽きないですね。

さて、トレンチコートの代名詞的な存在はやっぱりバーバリーですかね。 

jp.burberry.com

本国イギリス直轄になってからは、もう手が届く値段に思えないですが、ディテールのこだわりを見るとさすが!と思ってしまいます。

陸軍の軍服がオリジンですが、これらをはじめ軍服由来ものってデザインに機能的&構築的な美しさがありますよね。そう言えばピーコートもダッフルコートも「海軍」出身?!です。

私は日本製のライセンスものを持っていますが、着用しすぎてよく見ると所々生地が擦れています。やっぱり服は消耗品だと気付かされたところでもありますが、これで気負いなく着られるかな。

f:id:kumitch935:20151230041323j:image

HYKEに比べると生地は薄め(と言ってもペラペラではないです)。ベルトでキュッと絞る着方はこちらの方が向いています。

f:id:kumitch935:20151230091920j:image

カジュアル要素が強いスタイリングが好みでしたら、肉厚な生地のHYKEタイプがいいと思います。バーバリー系はどちらかと言えばエレガント寄りなので、着崩しの際は袖をまくったりするぐらいまで思い切った方が良いですね。抜け感が出てアクティブなイメージに変わります。

↓ 左:HYKE 右:HYKEバーバリーです。色目も違うんですよ。

f:id:kumitch935:20151230042628j:image

 

これまた余談ですが、もっと寒くなるとダウンコートを着るのが常です(寒い冬だとダッフルコートとのローテーションに)。しかしながらこの暖冬だと今年の冬は出番がかなり少なそうですね。

ダウンコートは軽くて暖かいところが最強ですが、納得のいくデザインのものにまだ出会えていません。シンプルでボリュームの出にくいものを来年以降探そうかな、と思います(無理してまで買うことはないのですが)。 

 

★ 番外編 ライダースジャケットが想像以上にヘビロテアイテムに ★

今の時期、思った以上に着ているのが今年購入したライダースジャケット。←コートじゃないというツッコミは置いといて^_^;

暖冬も手伝って、ショート丈でも寒くなく過ごせます。着ていくと、男受け(おじさま)に良いのが意外です。みんなバイク世代なのかな〜^_^;

f:id:kumitch935:20151230041744j:image

インにはセーターやパーカー類など割と何でも受け入れてくれます。ジージャンや紺ブレ感覚で合わすとコーディネートをひねらなくても意外に気軽に着られますので、なんで前から着なかったんだろうと今更ですが思います。ジーンズ、ジャージ、チノは当然合いますが、キレイめのウールパンツとも合ったのが驚き&得した感ありで、買って良かった!の一着でした(=゚ω゚)

 

…ということで、アウターを楽しめる冬に私がオススメするコート(+ライダースジャケット)のお話でした(^ー^)ノ

f:id:kumitch935:20151230101004j:image

 

☆ファッション記事、他にも書いています^_^