読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Style

日々の暮らしをシンプル・スマートに。

モノログ。mono-log vol.13 M :Magic Soaps(マジック ソープ)

いたわりケアって、日常に必要ですよね。

今から5年ほど前。

私はビューティ&ヘルス関連を取り扱う部署にいたのですが、その頃はオーガニックコスメブームの最中。その類のコスメが次々とデビューしていきました。

ライフスタイルコスメ的な要素もあり、パッケージもどことなくおしゃれなものが多く、ナチュラルケア志向だけではなくシンプル・ミニマルライフ志向の方にも支持されているカテゴリーであると思います。

エッセンシャルオイルなどのアロマ効果も相まって、そこから癒しやパワーをもらえる気も結構しますね。

スキン&ボディケアは日々のことなので、癒しの部分は大事にしたいものです。

自分をいたわるケアをして、さあ明日も頑張ろう…って。

 

スローケアではないオーガニックコスメアイテム。

f:id:kumitch935:20160116145411j:image

…と素敵そうに始めておきながら、私がこのアイテムを選んだ一番の理由は…

 

顔はもちろん、髪・全身これ1本で洗えるところ!

 

正直、毎日ケアをするのって疲れませんか?

「オーガニックコスメのくせに、スローケアじゃなくってクイックケアものだ!さすがアメリカ生まれ!」と早速購入。

ライトメークレベルだと訳なく落ちますし、洗い上がりはさっぱりでも肌はつっぱりにくいです(個人差はあると思いますが)。

 

香りもたくさんの種類が出ていて(無香料もあります)、季節や気分で香りを変えるのも楽しみの一つです。


http://www.drbronner.jp/images/product/soap2.png


ちなみに、今使っているのはシトラスオレンジの香り。

ラベンダーも癒され効果が高いです。

さっぱりしたい夏は無香料やペパーミント、ティートゥリーがおすすめですね。

他の洗顔ものに浮気をしたこともありますが、結局ここに戻ってきます。

こちらとニベアor馬油があればバス&フェイス&ボディケアが完了するので、特に旅行先でそのパワーは発揮されます。

 

ヘルスケアに敏感なアメリカで売られている製品には昔からナチュラル・オーガニックフードやコスメ類がたくさんあるのですが、こちらのソープはかなりのロングセラーらしいですね。

公式サイトには商品ラインアップ以外にルーツやオーガニック認証のことなどが書かれていて、改めて読むとなかなか興味深いです。

公式サイトより引用

全米売上NO.1のオ-ガニックソ-プ!
メイクアップアーティストやスーパーモデルなどプロの口コミから広がったソープ! 1本で顔も体も洗え、メイクまで落とすのに肌にはマイルド!

毛穴の黒ズミまで溶かすのにつっぱらず、モデルのようなスベスベ美肌に!

米国Dr.ブロナー社製のオーガニック原料で作られたカスチール石鹸です。単純なオリーブ石鹸と違い、オリーブ油、ヤシ油で作ったベースに今注目の美肌成分ヘンプ油と保湿成分ホホバ油を絶妙にブレンドしています。この配合率が重要でこの石鹸を作れるのは世界でDr.ブロナー社だけです。しかもこれらのオイルは100%天然のさらにオーガニック(有機栽培)物を使用する徹底ぶり。もちろん合成界面活性剤、合成保存料、合成着色料など合成添加物は一切無添加なので、とにかく肌にマイルド。毛穴の黒ズミまで溶かすのにつっぱらず、さっぱりとした使用感なのにしっとりスベスベ美肌に洗い上げ、さらにくすみのない明るい透明感のある肌に導きます。これ1本で顔も体も洗え、メイクまで落とすのに肌にはマイルドです。そしてアロマ精油が疲れまで癒します。

※カスチール石鹸:スペイン、カスチール地方で中世の頃から作られてきた天然オイルを元にした石鹸のことで、王族が愛用していたことでも知られています。

 

Dr.ブロナー マジックソープは1948年にエマニュエル・ブロナー氏によってカリフォルニアで販売が開始され、品質の高さと環境への優しさが支持され少しずつ売上が拡大していきました。そして、1960年代後半にはエマニュエル・ブロナー氏の人々に共感を与える感動的なメッセージと共に、環境に優しい製品の地位を確立し売上を爆発的に増加させました。さらにその後10年の間に全米のあらゆる健康食品店の店頭に製品は並び、次第に主流な店舗にも広がっていきました。

ドクターブロナー マジックソープ日本公式サイト / 取扱商品 マジックソープ 

ドクターブロナー マジックソープ日本公式サイト / 概要

ドクターブロナー マジックソープ日本公式サイト / 認証機関一覧

 

ついでに、オーガニック認証のこと。

ちなみに、オーガニックコスメの定義の一つに、「オーガニック認証」がないといけないというものがあります。

世界のオーガニック認証の機関はたくさんあって、基準もそれぞれ。

オーガニックコスメをうたうコスメのパッケージには以下のような認証マークが入っていると思います。

 

http://www.beautynewstokyo.jp/admin/wp-content/uploads/2015/05/organic_cosme_mark.jpg

↑「beauty news tokyo www.beautynewstokyo.jp より引用

 

 

▼見るとやっぱり楽しい。

ナチュラル・オーガニックコスメがたくさん揃ってますね。さすがAmazonさん。

www.amazon.co.jp

 

▼オーガニック認定機関を詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

www.nordicadaptation2010.net

 

 

☆たまにビューティ&ヘルスのことも書いてます。

広告を非表示にする